坐骨神経痛の悩みを一緒に解決しませんか?

坐骨神経痛の悩み

一般的に、腰の下のほう、おしりの上の部分を中心とするその周辺部分の痛みを指して、「坐骨神経痛」と呼ぶことが多いですが、しかしこれは学名としての症状を表す正式な名称ではなく、その種類の痛みを指す総称に過ぎません。

 

ですから、厳密に言えば「坐骨神経痛」という症状は存在せず、たとえば「膠原病」だとか「骨髄異形成症候群」などに代表されるように、「シンドローム(症候群)」と似たものとして考えるのが正しいと言えます。したがって、一般的な坐骨神経痛の場合、その症状は非常に多岐にわたります。ただ、正式名称がどうであれ、坐骨神経痛は非常につらく、日常生活にも大きな影響をおよぼす、深刻で悩ましい病気であることは間違いありません。

 

坐骨神経痛を治そう

 

 

では、「坐骨」などという骨が本当は存在しないのかというと、それについては「そんなことはない」ということになります。ちゃんと「坐骨」は存在します。「坐骨」とは、「おしりの下の骨」の部分を指します。わかりやすく言えば、椅子にすわったとき、椅子と接する部分のおしりの骨になります。

 

また、「坐骨」が実在しているように、「坐骨神経」という神経も実在するのですが、ただ、坐骨神経痛のイメージから、おしりの周辺部分の神経であるととらえられやすいですが、しかしながら実際の坐骨神経は、おしりからスタートして、骨盤の内部を通過し、足先に向かって1mほども延長されている神経です。ですから、「坐骨神経痛」というのは、腰の下やおしりの周辺部分だけではなく、脚のほうにまでおよぶ痛みにも適用されるケースが意外と多いのです。

 

悩み

 

坐骨神経の長さからもわかるとおり、非常にいろいろな原因で坐骨神経痛を発症することになりますが、しかし、その痛みの大きさや部分、また、どういった痛み方であるのかを詳細に分析することにより、疾患部分を特定しやすいということも言えます。

 

腰の下のほうに「第1腰椎」という腰椎がありますが、この近くに「馬尾(ばび)」という、馬の尾のような形状の神経の束があります。坐骨神経痛の中では、そのもっとも多くがこの「馬尾」もしくはその周辺に何らかのトラブルが発症したケースです。

 

坐骨神経痛は、加齢とともに発症率が急激に高まる傾向にありますが、その原因となっているのが、「腰部脊柱管狭窄」と言われる、腰痛の原因としても非常に多い症状が発端であるケースが目立ちます。さまざまなリラクゼーションを試して自分に合った場所を探しましょう。

 

また、椎間板ヘルニアが坐骨神経痛の原因となっているケースも少なく、腰部脊柱管狭窄とともに、坐骨神経痛が合併症として発症する症例が報告されています。

更新履歴