坐骨神経痛の症状について

坐骨神経痛の症状について

坐骨神経痛の主な症状としていろいろなことが挙げられます。「神経痛」というくらいですから、「痛い」のは当然として、痛み以外にも、「しびれ」や、「麻痺」、さらには重度の症状になると「失禁」などというケースも起こります。もちろん、そこまで悪くなってしまったケースでは、坐骨神経痛というだけではなく、何らかの重要な疾患がどこかに起こっていることが高い可能性で考えられますが、そうなると、おそらく痛みも尋常ならざるものになると思われますので、そこまでひどくなるまでにはおそらくお医者さんに診てもらっていると思います。

 

 

いずれにしても、主に下半身の痛みが顕著になるというのが、坐骨神経痛のもっとも基本的な症状です。
では、坐骨神経痛の症状について、具体的に見ていくことにしましょう。
まずは、「腰痛」が挙げられます。腰痛の場合、腰部の疾患であると思いこんでしまう人もいますが、しかし腰痛が起こる場合、実は腰部の疾患以外の疾患によって、腰の痛みにつながってくるケースは非常に多いです。

 

 

それから、坐骨神経痛では一番典型的な痛みとして、「おしり周辺の痛み」があります。そして、「痛み」だけではなく、「しびれ」にまで進展するケースがあるのも、坐骨神経痛の特徴と言えます。
 また、おしり周辺だけにとどまらず、太ももや足のほうにまでその痛みが伝播することがあります。足が痛いのが坐骨神経痛のためだとはほとんどの人が考えないのですが、坐骨神経は非常に長く、足のほうにまで延びていますので、坐骨神経痛によって足まで痛むことは当然起こります。

 

 

そして、坐骨神経痛の特徴として、痛みを和らげるために足腰やおしり周辺を動かすと、さらにその痛みが強まるという症状があります。ひどいケースでは、歩行も困難になるため、連続して歩行することができず、休み休み歩かなければならないこともあります。
 それから、坐骨神経痛の「痛み」以外の特徴として、下半身が冷えやすいという症状も考えられます。また、下半身が異常にだるい、それから、手で触れてみると、触っている感覚が通常時の感覚とは違うように感じられることがあります。

 

 

さらに、足の裏にまで異常をきたすことがあります。坐骨神経痛の症状では、足の裏が分厚い感じがしたり、ジンジン響くような感覚を覚えたりします。さらには、足に思ったような力が入らず、つまずきやすくなるという特徴もあります。
また、排尿時、排便時に違和感を覚えるケースも少なくなく、おしりから足にかけて、妙に引っ張られるような感覚にとらわれることもあります。